【1点限定】備前象嵌 飛蝗 酒盃(今井政之)

【1点限定】備前象嵌 飛蝗 酒盃(今井政之)
秋の虫がうるさいほどの聲を聞かせてくれている和中庵を思い浮かべながら制作しました。備前の土で成形し、飛蝗(ばった)を象嵌で描きました。穴窯の炎の中で一週間焼成し、窯変が東山の幽玄な景色を描いています。 ・素材=陶土 ・サイズ(W×D×H)=6.5×6.4×6.0㎝
ご提供予定時期:2020年11月9日以降2週間以内に発送
¥121,000 (税込/送料込)
販売終了

この商品について

  • 備前象嵌 飛蝗 酒盃(今井政之)

  • 秋の虫がうるさいほどの聲を聞かせてくれている和中庵を思い浮かべながら制作しました。備前の土で成形し、飛蝗(ばった)を象嵌で描きました。穴窯の炎の中で一週間焼成し、窯変が東山の幽玄な景色を描いています。
    ・素材=陶土
    ・サイズ(W×D×H)=6.5×6.4×6.0㎝
  • ◆作家略歴
    1930年 広島県竹原市出身 
    1995年 毎日芸術賞 
    1998年 第54回日本藝術院賞 
    2009年 旭日中綬章 
    2018年 文化勲章受章  
    現  在 文化功労者・日本藝術院会員・日展顧問・
         広島県名誉県民・京都市名誉市民・竹原市名誉市民

    日本を代表する陶芸家です。陶器の表面に色土を嵌め込む象嵌技法を確立した第一人者として高く評価され、2018年に、文化勲章が親授されました。今井藝術とも表現される作品は、郷里広島県竹原市に築かれた登り窯【豊山窯】で焼成され、その力強いフォルムに繊細な象嵌によって描かれた、様々な生き物や植物は生命力に満ちあふれ、土と炎の神秘によって創造されています。卒寿を迎えた今も新しい表現にチャレンジを続けています。

このプロジェクトの他の商品

京都の「工芸」を未来へ―美術工芸展「創工会×和中庵in鹿ケ谷」の出品作家を応援しよう!

京都を中心に活動する美術工芸集団「創工会」。結成以来、文化勲章受章者、内閣総理大臣賞受賞者、京都府文化功労者顕彰者などを輩出しています。 新型コロナウイルスの影響を受け作品発表の場が減少している中、京都鹿ケ谷にて「創工会×和中庵in鹿ケ谷」展を開催しました(2020/11/1~11/8)。会場に来られなかった方に向けて作品を紹介し、購入していただくためプロジェクトを立ち上げました。1点限定作品から、ぐい吞みや豆皿も。この機会に作品をお手元におき、鑑賞してみませんか?