オリーブの風(山田えい子)

オリーブの風(山田えい子)
日本の風物詩をも生かした和の色彩をガラスに彫刻しています。 クールなガラスにサンドブラストを施すことにより、ぬくもりを与えています。 ・素材=硝子 ・サイズ(W×D×H)=9.6×9.6×14.3㎝ ・紙箱あり
ご提供予定時期:2020年11月9日以降2週間以内に発送
¥45,000 (税込/送料込)
販売終了

この商品について

  • オリーブの風(山田えい子)

  • 日本の風物詩をも生かした和の色彩をガラスに彫刻しています。
    クールなガラスにサンドブラストを施すことにより、ぬくもりを与えています。
    ・素材=硝子
    ・サイズ(W×D×H)=9.6×9.6×14.3㎝
    ・紙箱あり
  • ◆作家略歴
    1991年 ガラス工芸作家竹内洪氏に師事
    2015年 山田えい子作品集出版記念展(髙島屋京都店美術画廊)
    2016年 琳派降臨〜現代のRINPAコード〜招待出品(京都市美術館)

    京都市中京区室町の老舗呉服商に生まれる。同志社女子大学学芸学部音楽学科卒業。フランス歌曲の勉強で訪れたフランスで、エミール・ガレなどのガラス工芸に魅了される。帰国後、ガレの原点とも思われる日本の感性に溢れた精緻な作品を制作するサンドブラストガラス工芸の第一人者竹内洪氏と出会い、指導を受ける。以後、その技術を踏襲しつつ、京都に根付く和の感性と女性らしい優雅さで、独自の作品を生み出している。

このプロジェクトの他の商品

京都の「工芸」を未来へ―美術工芸展「創工会×和中庵in鹿ケ谷」の出品作家を応援しよう!

京都を中心に活動する美術工芸集団「創工会」。結成以来、文化勲章受章者、内閣総理大臣賞受賞者、京都府文化功労者顕彰者などを輩出しています。 新型コロナウイルスの影響を受け作品発表の場が減少している中、京都鹿ケ谷にて「創工会×和中庵in鹿ケ谷」展を開催しました(2020/11/1~11/8)。会場に来られなかった方に向けて作品を紹介し、購入していただくためプロジェクトを立ち上げました。1点限定作品から、ぐい吞みや豆皿も。この機会に作品をお手元におき、鑑賞してみませんか?