【1点限定】刻の想(ときのおもい)「Recalling My Wish」(藤井收)

【1点限定】刻の想(ときのおもい)「Recalling My Wish」(藤井收)
河岸に転がる石塊に生物の棲息域を感じ勝手な推測を巡らす、とてつもなく愉快な刻である。目にする自然環境の中に、何らかの興味を抱くことがある。その反応が強い場合は、何かのイメージに繋がり膨らむこともある。暫く考えて、萎えてしまうこともある。旨く繫がり、制作に発展し具現化に移せると幸運です。 ・素材=漆、貝、銀、金梨子 ・サイズ(W×D×H)=7×6×15.5㎝ ・木箱あり
ご提供予定時期:2020年11月9日以降2週間以内に発送
¥100,000 (税込/送料込)
販売終了

この商品について

  • 刻の想(ときのおもい)「Recalling My Wish」(藤井 收)

  • 河岸に転がる石塊に生物の棲息域を感じ勝手な推測を巡らす、とてつもなく愉快な刻である。目にする自然環境の中に、何らかの興味を抱くことがある。その反応が強い場合は、何かのイメージに繋がり膨らむこともある。暫く考えて、萎えてしまうこともある。旨く繫がり、制作に発展し具現化に移せると幸運です。
    ・素材=漆、貝、銀、金梨子
    ・サイズ(W×D×H)=7×6×15.5㎝
    ・木箱あり
  • ◆作家略歴
    金閣寺等の文化財修復を経験 京都美術工芸大学特任准教授 日展
    会友、工芸美術日工会評議員、京都工芸美術作家協会会員、工芸京都同人、
    日墺文化親善名誉作家認定、滋賀県文化賞文化奨励賞受賞

    高校時代に漆に触れ、初めて作品制作を経験し、その後現在までズーッと何らかの作品制作を継続してきました。何かの切っ掛けで思い付いた制作可能なものは全て挑戦しました。もちろん失敗や思ったように完成しなかったこともあります。しかし次々と創り続けられることは何よりも愉快です。

このプロジェクトの他の商品

京都の「工芸」を未来へ―美術工芸展「創工会×和中庵in鹿ケ谷」の出品作家を応援しよう!

京都を中心に活動する美術工芸集団「創工会」。結成以来、文化勲章受章者、内閣総理大臣賞受賞者、京都府文化功労者顕彰者などを輩出しています。 新型コロナウイルスの影響を受け作品発表の場が減少している中、京都鹿ケ谷にて「創工会×和中庵in鹿ケ谷」展を開催しました(2020/11/1~11/8)。会場に来られなかった方に向けて作品を紹介し、購入していただくためプロジェクトを立ち上げました。1点限定作品から、ぐい吞みや豆皿も。この機会に作品をお手元におき、鑑賞してみませんか?