端正な器にとろりとかかる淡い青磁釉が魅力のモダン有田焼

クラウドファンディングプロジェクト:端正な器にとろりとかかる淡い青磁釉が魅力のモダン有田焼
  • stars集まっている金額
    ¥12,210
    (目標 ¥200,000)
  • flag目標達成率
    6%
  • local_offer購入数
    1
  • watch_later残り時間
販売商品一覧を見る お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
大胆な抽象模様を描きながらそこはかとなく品があり、端正で凛とした形でありながら温かさや柔らかさを感じる…。有田焼の陶芸家、百田暁生さんの作品を言い表すなら、こんな二律背反の言葉が浮かびます。淡い青磁釉をはじめ、瑠璃釉、辰砂釉などを絵具のように用いて表現した作品は、非常にモダンで、新しい有田焼の形を見せてくれます。特集「異彩!超絶!!のジャパンクラフト」第8弾では、百田さんの作品の中から1点物のぐい呑を中心に、日々の食卓で活躍する皿や茶碗をご紹介します。
    • 400年以上の歴史を持つ有田焼

    • 佐賀県有田町は、400年以上続く磁器産地として知られています。その発端は安土・桃山時代にまでさかのぼります。文禄・慶長の役(豊臣秀吉による朝鮮半島出兵)の際、他の諸大名と同様に、佐賀藩鍋島家が朝鮮半島から多くの陶工を連れて帰りました。そのうちの1人である李参平とその一族が有田町の内山地区に移り、泉山で磁器の原料となる良質な陶石を発見。1616年、日本で初めて磁器の焼成に成功しました。その後も佐賀藩鍋島家による産業保護と奨励、また欧州への輸出が盛んとなり、有田焼はさまざまな技術革新を経て発展していきます。こうして有田町は日本有数の磁器産地として栄えました。

    • 2人の師匠から学んだロクロの技術

    • 有田焼の陶芸家の中でも高い人気を誇る実力派の1人、百田暁生さんの作品は、まず器の形に異彩・超絶な技の冴えを見ることができます。ロクロ成形された器は整ったプロポーションで、生地が薄く、見る者にモダンな印象を与えます。それもそのはず、この技は有田焼の振興を支えてきた名工たちから脈々と受け継いだものだったからです。
      そもそも有田焼の作家系譜をたどると、有田焼で初めて無形文化財保持者に指定されたロクロ師、初代奥川忠右エ門さんに行き着きます。彼は弟子の育成にも優れ、井上萬二さんや中村清六さんら重要無形文化財保持者を育てました。その最後の弟子が彼の婿養子であり、「現代の名工」に表彰された奥川俊右エ門さんで、百田さんの師匠でした。百田さんは最初に陶芸家の副島四郎さんに師事し、その後、奥川俊右エ門さんにも師事してロクロの技を身につけました。「副島先生からは大胆なロクロの回し方を、奥川先生からは緻密で繊細なロクロの回し方を学びました。2人の先生に就いたことが結果的に良かったと思っています」と百田さん。

    • 釉薬を絵具のように扱い、抽象模様を描く

    • もう1つ、百田さんの作品の特徴はとろりとかかった釉薬。釉薬とは、本来、素焼きした生地の表面全体にかけて強度を増し、水漏れを防ぎ、さらに光沢を与えるものですが、百田さんは釉薬を絵具のように扱い、模様をつけているのです。淡い青磁釉を中心に、瑠璃釉、辰砂釉、漆黒釉などを用いて、掛け回し、重ね塗り、投げ塗り、ぼかし、削り取りなどを巧みに施し、抽象模様を表現します。「例えば投げ塗りは、空中で絵を描くようなイメージ。自分の想像どおりに釉薬が流れるように導いたり、削り取ったりし、釉薬の発色と流れ方をコントロールしています。だから偶然性に任せているように見えて、偶然の美はまったくありません」と百田さん。ここにも異彩・超絶の技が見られます。

    • 造形と施釉とを融合させた作品作り

    • つまり端正で凛とした形でありながら温かさや柔らかさを感じるのは、造形と施釉とが絶妙なハーモニーを奏でているからなのです。しかし百田さんはこう言います。「あくまでも形ありきの作品と考えているので、色が主役になり過ぎないようにしたいと思っています。その点、青磁釉はあまり主張しない色なので作品作りの原点となり、根幹となりました。主張しないのに見れば見るほど深い色に映るから不思議です。いつのまにか、自然と選んでいた色でした」。形を極め、追求する一方で、釉薬を勉強し、新たな発色に挑む。百田さんの作品は、こうして進化を続けています。

    • 百田さんの世界観が楽しめる1点物の酒器

    • 今回、百田さんの作品世界を存分に味わってもらうため、1点物のぐい呑をたくさん取り揃えました。ぐい呑は小さいながら、百田さんがいろいろな形に挑むのに最適な器。毎日、百田さん自身も晩酌をして、口当たりや手に持った時の感触、サイズ感などの使い心地を確認しているそうです。時には妻にも使ってもらい、女性の手で持った際の使い心地を尋ねると言います。「私はぐい呑を比較的小さめに作ります。なぜならお酒が好きな人は、ぐい呑にお酒を注ぐ行為も好きではないかと思うので、注ぐ回数があえて増えるようにしているからです」と百田さんは独自の見解を述べます。そんなお酒好きの視点も加わった究極の形が、これらのぐい呑なのです。

    • 子どもの頃から焼物をたくさん見て育つ

    • 百田さんの先祖は、有田焼の歴史を担ってきた佐賀藩鍋島家の御用窯の1つだったと言います。工房の一角には、江戸時代末期に先祖が作ったとされる作品が大事に飾られています。現在、百田さんの実家は有田町で焼物を扱う商社を営んでおり、百田さんも子どもの頃からたくさんの焼物に囲まれて育ちました。百田さんの焼物に対する目は、こうして磨かれていったのです。若い頃に東京で一度就職したものの、数年後には有田町へ戻り、焼物に携わる仕事に就こうと決意。そこで父の勧めで陶芸家の副島四郎さんに弟子入りしたことから、陶芸への道を開きました。現在、モダンな建築の工房兼ギャラリー「in blue 暁」を有田町に構え、作陶のかたわら、お客様をもてなしています。

    • 意と匠研究所がサポート

    • 意と匠研究所は、これまでも、これからも挑戦を続ける百田さんを応援していきます。ここでご紹介する製品の売り上げの20%をいただき、百田さんの活動や製品について取材や原稿執筆、写真撮影、編集などを丁寧に行い、また新規開発に対してもアドバイスを適宜行っていきます。

    • その他の特集プロジェクトを見る

出品者のプロフィール

株式会社意と匠研究所

株式会社意と匠研究所

意と匠研究所は、『日経デザイン』(日経BP社)元編集長で、デザインプロデューサー・ジャーナリストの下川一哉が代表取締役を務めるクリエーティブオフィスです。新しいもの作りに取り組む「匠」をサポートする、レクサス主催のプロジェクト「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」のメンターを務めるほか、様々なクライアントの商品開発や作品作りの上流に携わり、アドバイスやディレクション、プロジェクト全体のプロデュースを行っています。また、日本人ジャーナリストとしていち早くファインクラフト運動に着目し、日本の工芸の新たな方向性を模索するとともに、政府機関や工芸事業者、企業への啓蒙と提案を行っています。
お問い合わせ
販売商品
青白磁掛分7寸皿
¥12,210 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
青白磁7寸皿
¥12,210 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
青白磁掛分カップ
¥12,210 (税込・送料込)
残り 9
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
青白磁掛分茶碗
¥14,410 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
ぐい呑 1
¥14,410 (税込・送料込)
残り 1
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
ぐい呑 2
¥14,410 (税込・送料込)
残り 1
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
ぐい呑 3
¥14,410 (税込・送料込)
残り 1
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
ぐい呑 4
¥14,410 (税込・送料込)
残り 1
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
ぐい呑 5
¥14,410 (税込・送料込)
残り 1
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
ぐい呑 6
¥14,410 (税込・送料込)
残り 1
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
ぐい呑 7
¥14,410 (税込・送料込)
残り 1
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
ぐい呑 8
¥14,410 (税込・送料込)
残り 1
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
ぐい呑 9
¥16,610 (税込・送料込)
残り 1
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
ぐい呑 10
¥23,210 (税込・送料込)
残り 1
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
ぐい呑 11
¥23,210 (税込・送料込)
残り 1
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
FAQ・ヘルプ

販売商品一覧

  • ロクロ成形で作られた青白磁のリム皿です。百田暁生さんらしい淡い青白磁釉がリムだけに掛けられており、リムと見込みとの濃淡に目をハッと奪われます。料理を盛った際、リムの青みがまるで淡いソースで彩ったように見え、程よいアクセントに。7寸皿なので、和洋問わずメーンディッシュやデザートなどを盛るのにお使いいただけます。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥12,210
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた青白磁のリム皿です。百田暁生さんらしい淡い青白磁釉が全体にたっぷりと掛かっており、非常に爽やかな印象を受けます。見込みにはわずかに釉溜まりが見られ、単色ながら奥深い表情となっています。7寸皿なので、和洋問わずメーンディッシュやデザートなどを盛るのにお使いいただけます。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥12,210
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた丸形のフリーカップです。百田暁生さんらしい淡い青白磁釉が全体にとろりと掛け回されており、高台付近には波打つような釉溜まりを見られるのが特徴。口縁がわずかに反り返っているので、口当たりの良さを感じられます。お茶やコーヒー、お酒などに幅広くお使いいただけます。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥12,210
    • 残り
      9
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた端反り形のご飯茶碗です。百田暁生さんらしい淡い青白磁釉が全体にとろりと掛け回されており、高台付近には波打つような釉溜まりを見られるのが特徴。ちょっと小ぶりな茶碗なので、女性の手にも持ちやすいでしょう。食卓に凛と美しく生え、毎日の食事を心豊かにすること間違いありません。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥14,410
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた碗形のぐい呑です。百田暁生さんらしい淡い青白磁釉が全体にとろりと掛け回されており、高台付近には自然のまま流れ落ちた釉溜まりを見られるのが特徴。百田さんの作品世界を堪能したいのなら、まず手に入れたい逸品です。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥14,410
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた平形の白磁のぐい呑です。非常に薄く、小さく、儚く、百田暁生さんの異彩・超絶なロクロの技を凝縮した逸品です。日本酒をちびりと味わうのに最適な器と言えるでしょう。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥14,410
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた平形のぐい呑です。胴はシンプルですが、見込みを覗くと、淡い青白磁釉が同心円状に幾重にも掛かったような不思議な景色を見ることができます。日本酒を注げば、まるで波紋のようにも映るでしょう。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥14,410
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた碗形のぐい呑です。白磁に辰砂釉がぽつりぽつりと投げ塗りされ、赤い染みの濃淡が独特の景色を生み出しています。胴にも見込みにも同様の景色が映し出されています。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥14,410
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた筒形のぐい呑です。白磁に淡い青白磁釉で長方形、瑠璃釉でドットが描かれ、まるで抽象画のような景色を生み出しています。この小さな抽象画を眺めながら、いろいろと連想や想像するのも楽しいでしょう。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥14,410
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた平形のぐい呑です。胴はシンプルですが、見込みを覗くと、白磁に辰砂釉と若草釉でドットが控えめに描かれているのが分かります。優しく寄り添う赤と緑のドットはまるでつがいのよう
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥14,410
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた碗形のぐい呑です。胴はシンプルですが、楕円形にやや歪められた見込みを覗くと、白磁に漆黒釉と天目釉、若草釉で抽象模様が描かれているのが分かります。漆黒釉の存在によって、控えめだけれど力強い景色が生まれています。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥14,410
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた輪花形のぐい呑です。胴はシンプルですが、上から眺めると、口縁が5枚の花弁にかたどられているのが分かります。おつまみを盛る小鉢としてお使いいただくのも良いでしょう。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥14,410
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた端反り形のぐい呑です。胴から見込みにかけて、淡い青白磁釉が縞模様のように施され、見込みにはきれいな釉溜まりが見られます。この丹念な釉薬の削り取りも、百田暁生さんの異彩・超絶な技を物語っています。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥16,610
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた碗形のぐい呑です。百田暁生さんの新境地である天目釉を施すことで、胴の下部は黒、上部は赤茶に発色し、趣のある姿となりました。見込みを覗くと、窯変した天目釉がさらに味わいある景色を生み出しています。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥23,210
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • ロクロ成形で作られた碗形のぐい呑です。百田暁生さんの新境地である天目釉を施すことで、胴が赤茶と部分的に黒に発色し、趣のある姿となりました。見込みを覗くと、窯変した天目釉がさらに味わいある景色を生み出しています。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥23,210
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送

特定商取引法に基づく表示

    販売業者
    株式会社意と匠研究所

    所在地
    〒179-0084東京都練馬区氷川台3-1-2

    連絡先
    電話:03-3931-4303
    メール:itoshowshopping@itoshow.co.jp

    販売責任者
    下川一哉

    販売価格
    各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカードによりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    商品購入時に決済します。

    商品(リワード記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    キャンセルはできません。
    決済完了後の返金は一切できません。

日本経済新聞社が運営するクラウドファンディング
未来ショッピング Powered by ENjiNEで あなたの企画を実現してみませんか?

プロジェクト掲載をご検討の方はこちら