青白磁掛分茶碗

青白磁掛分茶碗
ロクロ成形で作られた端反り形のご飯茶碗です。百田暁生さんらしい淡い青磁釉が全体にとろりと掛け回されており、高台付近には波打つような釉溜まりを見られるのが特徴。ちょっと小ぶりな茶碗なので、女性の手にも持ちやすいでしょう。食卓に凛と美しく生え、毎日の食事を心豊かにすること間違いありません。
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
¥14,410 (税込/送料込)
販売終了

この商品について

  • 青白磁掛分茶碗

  • ロクロ成形で作られた端反り形のご飯茶碗です。百田暁生さんらしい淡い青磁釉が全体にとろりと掛け回されており、高台付近には波打つような釉溜まりを見られるのが特徴。ちょっと小ぶりな茶碗なので、女性の手にも持ちやすいでしょう。食卓に凛と美しく生え、毎日の食事を心豊かにすること間違いありません。

    ・ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
    ・価格:14,410円(税・送料込)
    ・素材:磁器
    ・サイズ:H70×φ110mm
  • お届けについて

  • ご購入いただいた製品については、in blue 暁の百田暁生さんよりご購入者の元に直接発送いたします。

このプロジェクトの他の商品

[百田暁生]端正な器にとろりとかかる淡い青磁釉が魅力のモダン有田焼

大胆な抽象模様を描きながらそこはかとなく品があり、端正で凛とした形でありながら温かさや柔らかさを感じる…。有田焼の陶芸家、百田暁生さんの作品を言い表すなら、こんな二律背反の言葉が浮かびます。淡い青磁釉をはじめ、瑠璃釉、辰砂釉などを絵具のように用いて表現した作品は、非常にモダンで、新しい有田焼の形を見せてくれます。特集「異彩!超絶!!のジャパンクラフト」第8弾では、百田さんの作品の中から1点物のぐい呑を中心に、日々の食卓で活躍する皿や茶碗をご紹介します。