幻の焼物を吹きガラスで再現した「新・小樽焼」を名入れ付きであなたに

クラウドファンディングプロジェクト:幻の焼物を吹きガラスで再現した「新・小樽焼」を名入れ付きであなたに
  • stars集まっている金額
    ¥15,000
    (目標 ¥100,000)
  • flag目標達成率
    15%
  • local_offer購入数
    2
  • watch_later残り時間
販売商品一覧を見る お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
北海道小樽市に100余年間だけ存在した焼物があります。濃い緑色や青緑色の釉薬が掛かった小樽焼です。この小樽焼を復活させたいと挑んだのが、同市で工房「KIM GLASS DESIGN(キム グラス デザイン)」を営む、ガラス作家の木村直樹さんです。木村さんは陶器ではなく、吹きガラスで小樽焼の特徴を表現した「新・小樽焼」を開発しました。特集「異彩!超絶!!のジャパンクラフト」第10弾では、この季節だからこそ手にしたい、冬にふさわしいガラス器「新・小樽焼」を紹介します。ご希望の方には名入れも承ります。
    • 陶芸家が嫉妬しそうなガラス器

    • 一見、陶器かと思わせる「新・小樽焼」。しかしよく見てみると、その透明感や色の深み、硬く艶やかな質感からガラス器だと判別できます。つまり、陶器を着想の出発点にしながらも、ガラス器の魅力を最大限に引き出している点が「新・小樽焼」の魅力であり、異彩・超絶な表現と言えるでしょう。この点は「陶芸家が嫉妬しそうなガラス器」とも評価されました。一般にガラス器と言うと、涼やかな透明感あふれる夏の器を連想しますが、これは言わば、冬の器。なぜなら、春のきざしが見え始める小樽の厳しくも優しく温かい風景を写し取った器だからです。
    • ニシンの産卵時期である春の海を表現

    • 「新・小樽焼」の1つはターコイズブルーを基調にした「群来(くき)-kuki-」シリーズ。ガラス作家の木村直樹さんは開発にあたり、小樽焼を象徴する青緑色の釉薬「緑玉織部(りょくぎょくおりべ)」を出発点にしましたが、さらに自分なりの解釈を深め、小樽の春の海を表現しました。春先はニシンの産卵時期。小樽の海岸にはニシンが大挙して押し寄せ、繁殖行動をします。そのため海が淡く濁り、ターコイズブルーに染まると言います。この現象を「群来」と呼び、小樽市民に春の訪れを知らせました。木村さんは吹きガラスで白色ガラスにターコイズブルーガラスを被せ、さらに緑色、黒色ガラスを部分的に被せ、最後に透明ガラスの粒を全体にまぶしてムラの表情を生み出しました。このムラがまるで小樽焼の油滴(斑紋)のようにも見えるのです。
    • 汽水域や運河に氷が浮かぶ冬の風物詩を表現

    • もう1つは濃い紫色を基調にした「蓮葉氷(はすはごおり)-hasuhagoori-」シリーズ。小樽焼の中には黒色の釉薬もあり、木村さんは漆黒のような濃い紫色ガラスで、小樽の冬の風物詩を表現しました。朝晩の気温がマイナス10℃まで下がる小樽では、川が海に流れ込む汽水域や運河の水面に、丸く薄い氷が無数に張る現象が起きます。まるで蓮の葉が浮かんでいるように見えることから、その様子を「蓮葉氷」と呼んでいます。木村さんは吹きガラスで白色ガラスに濃い紫色ガラスを被せ、最後に透明ガラスの粒を部分的にまぶしてムラの表情を生み出しました。このムラがまるで「蓮葉氷」の景色を連想させるのです。
    • 小樽市民に馴染み深い小樽焼

    • 濃い緑色や青緑色に発色する釉薬「緑玉織部」がとろりと掛かった温かみのある小樽焼は、湯呑やぐい呑、徳利や皿などの生活雑器として、小樽市民の家庭や飲食店などで愛されてきました。明治時代から続いた最後の窯が2007年に閉じて以降、小樽焼は生産されていませんが、未だに愛好者が多いのも事実です。木村さんが小樽焼に着目したのは、独立してまもない2011年のこと。当時、自身のガラス工房に出入りしていた産業ガス販売会社の担当者が、何気ない会話の中で「小樽焼が好き。ガラスでぜひ作ってほしい」と木村さんに話したことがきっかけでした。この一言が木村さんの頭の片隅にずっと残り、いつか小樽焼を再現したいと思い続けることになりました。
    • 新・小樽焼で小樽ガラスの未来を拓く

    • 小樽焼をガラスで再現するチャンスは、2017年に訪れました。レクサス主催のプロジェクト「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2017」で北海道の「匠」に選ばれ、腰を据えて取り組めることになったのです。その時、残念ながら、小樽焼に目を向けるきっかけを与えてくれた先の人物はすでに故人となっていましたが、木村さんは小樽焼を再現する意味を改めて自問自答し、小樽市民に再び愛される器のあり方を思索しました。その答えが単なるレプリカではなく、ガラスとしての魅力を十分に備えた器であり、小樽の美しい風景を写し取った器だったのです。こうして「新・小樽焼」は誕生しました。また、小樽はガラス工芸産地として有名ですが、現在は観光土産の生産が主です。「新・小樽焼」には、小樽市民にもっと深く愛される「小樽ガラス」の未来を拓く夢も込められているのです。
    • 厳しい修行を経て高い技術を習得

    • 木村さんは小樽市内の工房を2カ所渡り歩き、吹きガラス職人として修行を重ねました。1つ目は作家性の高い豪華絢爛な作品を作る工房で、厳しい職場環境の中、親方の高い技術を側で見ながら習得していきました。「おかげで早く、正確に作る技術を身につけられました。口の薄い、シャープなスタイルは親方の影響です」と木村さん。2つ目は1つ目とは真逆のかわいらしい土産品を作る工房で、「お客様が喜んでくれること」を第一に考える姿勢を学んだと言います。1つ目の工房にまた戻り、親方の右腕として活躍した後、独立。最初はもの作りに対するビジョンが見えず、1年近くは模索する日々が続いたと言いますが、色濃く影響を受けた親方の作風からいったん離れ、実験的なもの作りを試すうちに、自分なりの作風を見つけていきました。現在は木工や陶芸、抽象画などを鑑賞したり、対話で人と向き合ったりすることを大切にして創作をしているそうです。
    • 意と匠研究所がサポート

    • 意と匠研究所は、これまでも、これからも挑戦を続ける木村さんを応援していきます。ここでご紹介する作品の売り上げの25%をいただき、木村さんの活動や作品について取材や原稿執筆、写真撮影、編集などを丁寧に行い、また今後の新規開発に対してもアドバイスを適宜行っていきます。
    • 特集「異彩!超絶!!のジャパンクラフト」だけの特典

    • 特集「異彩!超絶!!のジャパンクラフト」だけの特典として、作品の底面に手彫りでの名入れを承ります。アルファベット(大文字・小文字)と記号を合計3文字まで入れられます。ご氏名のイニシャルなどを入れたい方は、ご購入の際のアンケート画面にてお申し付けください。
    • その他の特集プロジェクトを見る

出品者のプロフィール

株式会社意と匠研究所

株式会社意と匠研究所

意と匠研究所は、『日経デザイン』(日経BP社)元編集長で、デザインプロデューサー・ジャーナリストの下川一哉が代表取締役を務めるクリエーティブオフィスです。新しいもの作りに取り組む「匠」をサポートする、レクサス主催のプロジェクト「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」のメンターを務めるほか、様々なクライアントの商品開発や作品作りの上流に携わり、アドバイスやディレクション、プロジェクト全体のプロデュースを行っています。また、日本人ジャーナリストとしていち早くファインクラフト運動に着目し、日本の工芸の新たな方向性を模索するとともに、政府機関や工芸事業者、企業への啓蒙と提案を行っています。
お問い合わせ
販売商品
【名入れ可】新・小樽焼 群来 ぐい呑
¥7,000 (税込・送料込)
残り 9
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
【名入れ可】新・小樽焼 蓮葉氷 ぐい呑
¥7,000 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
【名入れ可】新・小樽焼 群来 グラス
¥8,000 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
【名入れ可】新・小樽焼 蓮葉氷 グラス
¥8,000 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
【名入れ可】新・小樽焼 群来 ロックグラス
¥8,000 (税込・送料込)
残り 9
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
【名入れ可】新・小樽焼 蓮葉氷 ロックグラス
¥8,000 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
【名入れ可】新・小樽焼 群来 片口
¥9,000 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
【名入れ可】新・小樽焼 蓮葉氷 片口
¥9,000 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
【名入れ可】新・小樽焼 群来 ボウル小
¥11,000 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
【名入れ可】新・小樽焼 蓮葉氷 ボウル小
¥11,000 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
【名入れ可】新・小樽焼 群来 ボウル大
¥15,000 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
【名入れ可】新・小樽焼 蓮葉氷 ボウル大
¥15,000 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
FAQ・ヘルプ

販売商品一覧

  • 春先に小樽の海で見られるニシンの産卵現象を表現した「群来-kuki-」シリーズです。緑色からターコイズブルーに至る淡いグラデーションに優しい温かみを感じます。一方で、高台のやんわりとした黒さが、全体を引き締める程よいアクセントに。表面の色がまだらに薄くなっている様子は、小樽焼の油滴(斑紋)を思わせます。これはひょろりとした形が愛らしいぐい呑です。冷酒をちびりと味わうのにお使いいただけます。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥7,000
    • 残り
      9
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • 汽水域や運河の水面に丸く薄い氷が浮かぶ、小樽の冬の風物詩を表現した「蓮葉氷-hasuhagoori-」シリーズです。息も凍るほどの厳寒を濃い紫色ガラスで表し、胴の色を部分的にまだらに薄くして、白い氷が浮かぶ景色を描き出しました。これはひょろりとした形が愛らしいぐい呑です。冷酒をちびりと味わうのにお使いいただけます。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥7,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • 春先に小樽の海で見られるニシンの産卵現象を表現した「群来-kuki-」シリーズです。緑色からターコイズブルーに至る淡いグラデーションに優しい温かみを感じます。一方で、高台のやんわりとした黒さが、全体を引き締める程よいアクセントに。表面の色がまだらに薄くなっている様子は、小樽焼の油滴(斑紋)を思わせます。これはわずかなくびれが手に持ちやすい、程よい高さのグラスです。ビールをはじめ、水やジュースなど、冷たい飲み物を入れるのに最適です。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥8,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • 汽水域や運河の水面に丸く薄い氷が浮かぶ、小樽の冬の風物詩を表現した「蓮葉氷-hasuhagoori-」シリーズです。息も凍るほどの厳寒を濃い紫色ガラスで表し、胴の色を部分的にまだらに薄くして、白い氷が浮かぶ景色を描き出しました。これはわずかなくびれが手に持ちやすい、程よい高さのグラスです。ビールをはじめ、水やジュースなど、冷たい飲み物を入れるのに最適です。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥8,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • 春先に小樽の海で見られるニシンの産卵現象を表現した「群来-kuki-」シリーズです。緑色からターコイズブルーに至る淡いグラデーションに優しい温かみを感じます。一方で、高台のやんわりとした黒さが、全体を引き締める程よいアクセントに。表面の色がまだらに薄くなっている様子は、小樽焼の油滴(斑紋)を思わせます。これは口がすぼまった台形のロックグラスです。ウイスキーや焼酎をロックや水割りで楽しむのにお使いいただけます。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥8,000
    • 残り
      9
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • 汽水域や運河の水面に丸く薄い氷が浮かぶ、小樽の冬の風物詩を表現した「蓮葉氷-hasuhagoori-」シリーズです。息も凍るほどの厳寒を濃い紫色ガラスで表し、胴の色を部分的にまだらに薄くして、白い氷が浮かぶ景色を描き出しました。これは口がすぼまった台形のロックグラスです。ウイスキーや焼酎をロックや水割りで楽しむのにお使いいただけます。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥8,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • 春先に小樽の海で見られるニシンの産卵現象を表現した「群来-kuki-」シリーズです。緑色からターコイズブルーに至る淡いグラデーションに優しい温かみを感じます。一方で、高台のやんわりとした黒さが、全体を引き締める程よいアクセントに。表面の色がまだらに薄くなっている様子は、小樽焼の油滴(斑紋)を思わせます。これは吹きガラスの特性を生かした有機的な形の片口です。冷酒を注ぐ器としてご活用いただけるほか、麺汁やドレッシングなどを入れるのにも向いています。また、一輪挿しにもおすすめです。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥9,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • 汽水域や運河の水面に丸く薄い氷が浮かぶ、小樽の冬の風物詩を表現した「蓮葉氷-hasuhagoori-」シリーズです。息も凍るほどの厳寒を濃い紫色ガラスで表し、胴の色を部分的にまだらに薄くして、白い氷が浮かぶ景色を描き出しました。これは吹きガラスの特性を生かした有機的な形の片口です。冷酒を注ぐ器としてご活用いただけるほか、麺汁やドレッシングなどを入れるのにも向いています。また、一輪挿しにもおすすめです。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥9,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • 春先に小樽の海で見られるニシンの産卵現象を表現した「群来-kuki-」シリーズです。緑色からターコイズブルーに至る淡いグラデーションに優しい温かみを感じます。一方で、高台のやんわりとした黒さが、全体を引き締める程よいアクセントに。表面の色がまだらに薄くなっている様子は、小樽焼の油滴(斑紋)を思わせます。これは井戸茶碗のように口が大きく開いたボウルです。副菜を盛る小鉢やデザート器などにご活用ください。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥11,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • 汽水域や運河の水面に丸く薄い氷が浮かぶ、小樽の冬の風物詩を表現した「蓮葉氷-hasuhagoori-」シリーズです。息も凍るほどの厳寒を濃い紫色ガラスで表し、見込みの色を部分的にまだらに薄くして、白い氷が浮かぶ景色を描き出しました。これは井戸茶碗のように口が大きく開いたボウルです。副菜を盛る小鉢やデザート器などにご活用ください。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥11,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • 春先に小樽の海で見られるニシンの産卵現象を表現した「群来-kuki-」シリーズです。緑色からターコイズブルーに至る淡いグラデーションに優しい温かみを感じます。一方で、高台のやんわりとした黒さが、全体を引き締める程よいアクセントに。表面の色がまだらに薄くなっている様子は、小樽焼の油滴(斑紋)を思わせます。これは高さと広さがたっぷりとあるボウルです。サラダやパスタ、メインディッシュなどを盛る大皿としてご活用ください。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥15,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
  • 汽水域や運河の水面に丸く薄い氷が浮かぶ、小樽の冬の風物詩を表現した「蓮葉氷-hasuhagoori-」シリーズです。息も凍るほどの厳寒を濃い紫色ガラスで表し、見込みの色を部分的にまだらに薄くして、白い氷が浮かぶ景色を描き出しました。これは高さと広さがたっぷりとあるボウルです。サラダやパスタ、メインディッシュなどを盛る大皿としてご活用ください。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥15,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送

特定商取引法に基づく表示

    販売業者
    株式会社意と匠研究所

    所在地
    〒179-0084東京都練馬区氷川台3-1-2

    連絡先
    電話:03-3931-4303
    メール:itoshowshopping@itoshow.co.jp

    販売責任者
    下川一哉

    販売価格
    各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカードによりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    商品購入時に決済します。

    商品(リワード記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    キャンセルはできません。
    決済完了後の返金は一切できません。

日本経済新聞社が運営するクラウドファンディング
未来ショッピング Powered by ENjiNEで あなたの企画を実現してみませんか?

プロジェクト掲載をご検討の方はこちら