有田焼の伝統文様を現代に愛らしく咲かせる染錦の器たち

クラウドファンディングプロジェクト:有田焼の伝統文様を現代に愛らしく咲かせる染錦の器たち
  • stars集まっている金額
    ¥282,100
    (目標 ¥300,000)
  • flag目標達成率
    94%
  • local_offer購入数
    21
  • watch_later残り時間
販売商品一覧を見る お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
有田焼にはさまざまな伝統様式や技法があります。その中で青に発色する呉須で下絵付けを施す「染付」と「赤絵(上絵)」とを組み合わせた絵付を「染錦」と呼び、江戸時代より艶やかな器としてもてはやされてきました。たなかふみえさんは染錦を用いた絵付で人気を博している有田焼の陶芸家です。伝統文様を基にしながらも、どこか現代的で、繊細でかわいらしい雰囲気を持ち合わせている点が魅力です。特集「異彩!超絶!!のジャパンクラフト」第7弾では、たなかさんの作品の中でも人気が高い「銀彩鳥小花文様」の器をご紹介します。
    • 400年以上の歴史を持つ有田焼

    • 佐賀県有田町は、400年以上続く磁器産地として知られています。その発端は安土・桃山時代にまでさかのぼります。文禄・慶長の役(豊臣秀吉による朝鮮半島出兵)の際、他の諸大名と同様に、佐賀藩鍋島家が朝鮮半島から多くの陶工を連れて帰りました。そのうちの1人である李参平とその一族が有田町の内山地区に移り、泉山で磁器の原料となる良質な陶石を発見。1616年、日本で初めて磁器の焼成に成功しました。その後も佐賀藩鍋島家による産業保護と奨励、また欧州への輸出が盛んとなり、有田焼はさまざまな技術革新を経て発展していきます。こうして有田町は日本有数の磁器産地として栄えました。

    • 銀彩鳥小花文様とは?

    • 有田町で陶芸家として活躍するたなかふみえさんは、同じ産地の職人に生地をロクロ成形してもらい、その生地に伝統文様を基にした愛らしい絵付を施すことで、異彩・超絶な世界観を表現しています。今回、ご紹介する銀彩鳥小花文様は、そんなたなかさんの代表作の1つ。これは江戸時代後期に焼かれた骨董品の写しから発展させた文様です。染付でツバメ3羽が象徴的に描かれ、その間を埋めるように幾何学的な小花と枝が描かれています。小花の一部には上絵として銀彩があしらわれ、上品な華やかさを添えているのです。さらに縁取りとして氷柱が長短リズミカルに描かれ、アイテムによっては雲を思わせる抽象模様が中央や高台付近に描かれています。

    • 筆のタッチがそのまま作風に

    • 「元々、伝統文様には興味があり、和服の文様や江戸時代に使われていた生活道具を見るのが好きでした。古い図録や図案集などを参照して、気に入った文様があればまずこれらを写し、そこに赤絵や銀彩などを加えます。写しから始めながらも、筆のタッチに自分の癖があるため、描いているうちに絵がだんだんと変化していきます。結果的に、それが作風になっているんだと思います。特に動物はわざと太らせて描きますね。なぜなら太った動物には幸せな雰囲気を感じられるから」とたなかさんは話します。銀彩鳥小花文様の愛らしさの秘密は、ややふっくらとしたツバメにあるのです。

    • 創作の原点は蓋付の箱!?

    • たなかさんの創作の原点は「お菓子が入った蓋付の箱」にあります。その理由は「中に幸せが閉じ込められていそうで、開ける時にわくわくするから」と、なんともファンタジックな発想です。東京へ出張した際にはデパ地下を覗き、素敵なパッケージのお菓子を買い求めると言います。たなかさんの工房にはいくつものお菓子のパッケージが置いてあり、中には絵付のための版下などが収められています。「布やリボンなどの服飾小物や文房具などを見るのも好き。小さくてかわいいものに魅かれます」。

    • “ままごと”の延長のように幸せな器を

    • 「器は、女性にとってままごと道具の延長のような気がするんです。私は主役の器よりも、どちらかと言うと脇役の器を作りたい。なくてもいいけれど、あったら幸せという器を作りたいんです」とたなかさんは持論を広げます。今回、ご紹介する1つ「銀彩鳥小花小蓋碗」をはじめ、たなかさんの作品は小さめの器が多い点が特徴です。それは自身の手が小さいからという理由もありますが、幸せなサイズを追求した結果なのかもしれません。「この器にはアイスクリームを盛ってみたいとか、いろいろと妄想してはウキウキしながら絵を描いています」と、自身が楽しみながら創作している点も魅力につながっているに違いありません。

    • 有田町への移住が陶芸家の道を開いた

    • たなかさんは東京で生まれ育ち、短大を卒業後、商社に勤務しました。父が早くに亡くなり、母から故郷の有田町に戻りたいと相談され、たなかさんも一緒に有田町へ引っ越したことが転機となりました。最初は軽い気持ちから、佐賀県立有田窯業大学校短期研修(※)で絵付を学んだところ、だんだん楽しくなったと言います。そして同校で知り合った窯元の社長に誘われて、卒業後に同窯に就職。初日から蕎麦猪口の絵付を任された緊張感と責任感を大切にしながら、腕をめきめきと上げていきました。また仕事のかたわら、絵付を生かしたオリジナル作品の創作を始め、友人と二人展を開くなどの活動を徐々に行っていったことが独立の足がかりとなりました。
      ※2016年より佐賀県窯業技術センターの窯業人材育成事業に移管しました。

    • 意と匠研究所がサポート

    • 意と匠研究所は、これまでも、これからも挑戦を続けるたなかさんを応援していきます。ここでご紹介する製品の売り上げの約20%をいただき、たなかさんの活動や製品について取材や原稿執筆、写真撮影、編集などを丁寧に行い、また新規開発に対してもアドバイスを適宜行っていきます。

    • その他の特集プロジェクトを見る

出品者のプロフィール

株式会社意と匠研究所

株式会社意と匠研究所

意と匠研究所は、『日経デザイン』(日経BP社)元編集長で、デザインプロデューサー・ジャーナリストの下川一哉が代表取締役を務めるクリエーティブオフィスです。新しいもの作りに取り組む「匠」をサポートする、レクサス主催のプロジェクト「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」のメンターを務めるほか、様々なクライアントの商品開発や作品作りの上流に携わり、アドバイスやディレクション、プロジェクト全体のプロデュースを行っています。また、日本人ジャーナリストとしていち早くファインクラフト運動に着目し、日本の工芸の新たな方向性を模索するとともに、政府機関や工芸事業者、企業への啓蒙と提案を行っています。
お問い合わせ
販売商品
銀彩鳥小花縁付小皿
¥5,600 (税込・送料込)
残り 9
ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
銀彩鳥小花そば猪口
¥9,100 (税込・送料込)
残り 6
ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
銀彩鳥小花縁付5.5寸皿
¥10,000 (税込・送料込)
残り 7
ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
銀彩鳥小花高台杯(小)
¥14,500 (税込・送料込)
残り 8
ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
銀彩鳥小花縁付7寸皿
¥16,200 (税込・送料込)
残り 3
ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
銀彩鳥小花小蓋碗
¥16,800 (税込・送料込)
残り 7
ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
銀彩鳥小花コーヒー碗皿
¥17,300 (税込・送料込)
残り 9
ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
銀彩鳥小花三段重
¥25,000 (税込・送料込)
残り 10
ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
FAQ・ヘルプ

販売商品一覧

  • たなかふみえさんの代表作、銀彩鳥小花文様の縁付小皿です。中央にツバメ3羽が象徴的に描かれ、その周りに幾何学的な小花と枝が描かれています。小花の一部には銀彩があしらわれ、上品な華やかさを添えています。小さな3寸サイズですが、縁幅があるので手に持ちやすく、何かを盛っても安定感があります。醤油や塩などの調味料皿として、ちょっとしたおつまみやお菓子を盛る皿としてご活用いただけます。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥5,600
    • 残り
      9
    ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
  • たなかふみえさんの代表作、銀彩鳥小花文様のそば猪口です。胴にツバメ3羽が象徴的に描かれ、その上部を埋めるように幾何学的な小花と枝が描かれています。小花の一部には銀彩があしらわれ、上品な華やかさを添えています。そば猪口としてお使いいただけるほか、胴がややふっくらとしているので、コーヒーやお茶を飲むカップとしても最適です。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥9,100
    • 残り
      6
    ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
  • たなかふみえさんの代表作、銀彩鳥小花文様の5.5寸皿です。全体にツバメ3羽が象徴的に描かれ、その間を埋めるように幾何学的な小花と枝が描かれています。小花の一部には銀彩があしらわれ、上品な華やかさを添えています。何といっても縁に施された銀彩が涼やかな印象。取り皿として、また副菜を盛る皿として重宝します。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥10,000
    • 残り
      7
    ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
  • たなかふみえさんの代表作、銀彩鳥小花文様の高台杯です。胴にツバメ3羽が象徴的に描かれ、その上部を埋めるように幾何学的な小花と枝が描かれています。小花の一部には銀彩があしらわれ、上品な華やかさを添えています。グラスによく見られる、高台が付いた酒杯をモチーフにしました。ワインやリキュールを飲む器としてお使いいただけるほか、口直しのためのシャーベットを盛っても素敵です。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥14,500
    • 残り
      8
    ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
  • たなかふみえさんの代表作、銀彩鳥小花文様の7寸皿です。全体にツバメ3羽が象徴的に描かれ、その間を埋めるように幾何学的な小花と枝が描かれています。小花の一部には銀彩があしらわれ、上品な華やかさを添えています。何といっても縁に施された銀彩が涼やかな印象。メーンディッシュ皿として、またいろいろな料理を盛るワンプレート皿として重宝します。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥16,200
    • 残り
      3
    ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
  • たなかふみえさんの代表作、銀彩鳥小花文様の小蓋碗です。蓋と胴それぞれにツバメ3羽が象徴的に描かれ、その間を埋めるように幾何学的な小花と枝が描かれています。小花の一部には銀彩があしらわれ、上品な華やかさを添えています。この愛らしい姿は、元々、「白玉3粒入りのぜんざい」を盛る器として発想したそう。ご飯茶碗よりやや小さめなので、副菜やデザートなどを盛る器にどうぞ。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥16,800
    • 残り
      7
    ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
  • たなかふみえさんの代表作、銀彩鳥小花文様のコーヒー碗皿です。碗の胴と皿の表面それぞれにツバメ3羽が象徴的に描かれ、その間を埋めるように幾何学的な小花と枝が描かれています。小花の一部には銀彩があしらわれ、上品な華やかさを添えています。碗の持ち手はゆったりとしていて、親指を添えやすく、持ちやすいのが特徴。コーヒーやお茶を飲むカップとしてご愛用ください。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥17,300
    • 残り
      9
    ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
  • たなかふみえさんの代表作、銀彩鳥小花文様の三段重です。各重の胴と蓋にツバメ3羽が象徴的に描かれ、その間を埋めるように幾何学的な小花と枝が描かれています。小花の一部には銀彩があしらわれ、上品な華やかさを添えています。1〜2人用のおせち料理を詰める重や茶会での菓子入れに重宝するほか、常備菜入れ、アフタヌーンティーでのケーキスタンドなどにもご活用いただけます。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥25,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送

特定商取引法に基づく表示

    販売業者
    株式会社意と匠研究所

    所在地
    〒179-0084東京都練馬区氷川台3-1-2

    連絡先
    電話:03-3931-4303
    メール:itoshowshopping@itoshow.co.jp

    販売責任者
    下川一哉

    販売価格
    各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカードによりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    商品購入時に決済します。

    商品(リワード記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    キャンセルはできません。
    決済完了後の返金は一切できません。

日本経済新聞社が運営するクラウドファンディング
未来ショッピング Powered by ENjiNEで あなたの企画を実現してみませんか?

プロジェクト掲載をご検討の方はこちら