銀彩鳥小花三段重

銀彩鳥小花三段重
たなかふみえさんの代表作、銀彩鳥小花文様の三段重です。各重の胴と蓋にツバメ3羽が象徴的に描かれ、その間を埋めるように幾何学的な小花と枝が描かれています。小花の一部には銀彩があしらわれ、上品な華やかさを添えています。1〜2人用のおせち料理を詰める重や茶会での菓子入れに重宝するほか、常備菜入れ、アフタヌーンティーでのケーキスタンドなどにもご活用いただけます。
ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
¥25,000 (税込/送料込)
販売終了

この商品について

  • 銀彩鳥小花三段重

  • たなかふみえさんの代表作、銀彩鳥小花文様の三段重です。各重の胴と蓋にツバメ3羽が象徴的に描かれ、その間を埋めるように幾何学的な小花と枝が描かれています。小花の一部には銀彩があしらわれ、上品な華やかさを添えています。1〜2人用のおせち料理を詰める重や茶会での菓子入れに重宝するほか、常備菜入れ、アフタヌーンティーでのケーキスタンドなどにもご活用いただけます。
  • ・ご提供予定時期:ご購入から10日以内に発送
    ・価格:25,000円(税・送料込)
    ・素材:磁器
    ・サイズ:H148×φ115mm
  • お届けについて

  • ご購入いただいた製品については、たなかふみえさんよりご購入者の元に直接発送いたします。

このプロジェクトの他の商品

[たなかふみえ]有田焼の伝統文様を現代に愛らしく咲かせる染錦の器たち

有田焼にはさまざまな伝統様式や技法があります。その中で青に発色する呉須で下絵付けを施す「染付」と「赤絵(上絵)」とを組み合わせた絵付を「染錦」と呼び、江戸時代より艶やかな器としてもてはやされてきました。たなかふみえさんは染錦を用いた絵付で人気を博している有田焼の陶芸家です。伝統文様を基にしながらも、どこか現代的で、繊細でかわいらしい雰囲気を持ち合わせている点が魅力です。特集「異彩!超絶!!のジャパンクラフト」第7弾では、たなかさんの作品の中でも人気が高い「銀彩鳥小花文様」の器をご紹介します。