コードバン専門店「プラチナウーマ」が贈る、大人のラグジュアリーロングウォレット

実施確定
  • 残り時間
  • 売れたチケット数
    1
  • 集まっている金額
    ¥198,000
28%
目標金額 ¥700,000
このプロジェクトは実行確約型です。
PLATINUMUMAは、「革のダイヤモンド」と呼ばれる希少な皮革、コードバン(馬の臀部の革)を使用したブランド。カラーからファスナーにまでこだわる大人のコレクション「レガシーシリーズ」の長財布をお届けします。各カラー限定5個。「レガシー/継承」をテーマにし、時代に流されない素材や職人技で創られる長財布に、あなたの哲学を刻印します。
最新情報を
チェック!
    • 「革のダイヤモンド」「キングオブレザー」と呼ばれる、高級皮革コードバンの長財布

    • 「革のダイヤモンド」「キングオブレザー」と呼ばれるコードバンと、イタリアの高級皮革ORICE(オリーチェ)レザーの、現在の市場では極めて貴重なコラボレーションを実現した弊社ブランド「PLATINUMUMA(プラチナウーマ)」。

      本プロジェクトでは、「PLATINUMUMA」オリジナルのカラーとディテールにて企画制作した、ラグジュアリーコレクション「レガシーシリーズ」の長財布をお届けいたします。
    • 通しマチ長財布「レガシーキング」と、ラウンドファスナー長財布「レガシーアーティスト」の、2種類をご用意しました。
      各カラー限定5個にてご提供いたします。

      また、社会で活躍する女性のため、従来のコードバン製品にはほとんど存在しなかった「ピンク」もご用意しております。

      人の目に触れる機会も多いアイテムだからこそ、他人とは被らない、至極の革製品「コードバン」の長財布で、理想の自分を表現しませんか。

      ※「PLATINUMUMA」は弊社の登録商標です。
       
    • 馬は「運気上昇」「出世」「成功への道を駆け上る生命力」の象徴と、馬蹄は「幸運」の象徴だと言われております。そんな馬の希少革を贅沢に使用したコードバンに、あなたの座右の銘を刻印し、長財布とともにお届け。

      コードバンという「ステータス」と「職人の想い」に、「あなただけの理想」を込めたオリジナルブランド「PLATINUMUMA」が、ビジネスシーンに寄り添います。
       
    • 「コードバン」とは
    • 他に類を見ない希少性

    • コードバンとは馬の臀部(お尻)の革のことで、大型の農耕馬からしか採取できない希少な素材。

      また日本国内の馬はコードバン層(※後述します)が薄く、製品として使用できません。PLATINUMUMAのコードバンは、フランスの大型馬、もしくは農耕馬から採取しております。

      「10頭」の臀部(お尻)の皮を仕入れて、製作できる長財布はたった「6個」。
      そう聞くだけでも、その希少性をご理解いただけると思います。

      本プロジェクトの全作品で、その希少な「コードバン1枚革」を贅沢に使用しております。
       
    • ダイヤモンドのような皮革

    • コードバンの製作は、『ダイヤモンドを採取するような手間のかかる作業』に似ていることから「革のダイヤモンド」と呼ばれております。
      また、他の皮革やブランドにはない、ダイヤモンドのような独特の「光沢感」と「艶」、「重厚感」を持っており、その名にふさわしいと言えます。

      使い込むことで美しく変化していくコードバン。まさしく「継承/レガシー」という名が似合います。
       
    • 強度に優れたコードバン~他の財布との違い⑥

    • コードバンは馬の臀部の皮をなめした後、乾燥させシワを伸ばしてから、革を削り出し製作していきます。
      トコ面から網状層中央部にある、高繊維密度の緻密層を削り出したものが、いわゆる「コードバン層(シェル層)」と呼ばれる部分です。
      ここが最も繊維密度の高く丈夫な部分で、強度が高い理由です。

      味の1つではありますが、牛革は使うほど柔らかくなり、形状劣化になりやすいです。そのため、クロムなめし(薬剤)と顔料染めがほとんど。
      その点、コードバンは革そのものが劣化しづらく、硬さも残ります。

      コードバン層の繊維の密度は牛革の3~5倍と言われている上に、しなやかで弾力性に富んでいます。この層だけを贅沢に使ったものが、コードバン革になります。
      コードバンは非常に頑丈で、その「堅牢さ」は、他の追随を許さないほどの皮革です。

      シミや汚れに強く、非常に長期にわたって使用し続けることができます。きちんと手入れをすれば、一生のパートナーとなります。
      また、使えば使うほど独特の光沢、深いエイジングが味わえるのも特徴です。
    • イタリア伝統の「ORICEレザー」

    • 高級な作品だから内装にもコードバン、と考えがちですが、コードバンは強度が高く伸縮性がないため、お札、小銭、カードなどの出し入れには向きません。
      そこで、機能性かつ高品質を重視し、熟考の結果、イタリアのORICE(オリーチェ)レザーを選択しました。

      オリーチェレザーは、革なめしの本場イタリア・トスカーナ地方にて1980年に創業した、ベジタブルタンニング専門のタンナー(※1)です。イタリアの伝統的な革なめし法である「ベジタブルタンニング法(※2)」を頑なに守り、環境に優しく、革らしい温かみのあるレザーを生産しています。

      オリーチェレザーの中でも、圧倒的な経年変化の美しさ、そして上品さから、「ウンゲレーゼ」というレザーを採用しております。

      ※1 タンナー…「皮から革」に仕上げる(なめす)事業所・職人集団のこと。
      ※2 ベジタブルタンニンなめし…植物由来(草や木の汁など)の抽出したタンニン(渋)を使って、皮をなめす方法です。
    • イタリアのトスカーナという地方は風土や水が日本とは違うため、なめしの段階で革の質に大きな差が出ます。

      また、伝統的に受け継いだ独自のレシピは各タンナーによって守られ、日々改善されております。そのため、できあがる革は非常に品質が良く、使えば使うほど”味”が出て、美しい経年変化をもたらします。
       
    • 「ベジタブルタンニングレザー証明書」

    • 環境に配慮し、イタリアでなめされた「ベジタブルタンニングレザー」であるという証明書です(写真)。

      イタリアの伝統的な革なめし業に従事するタンナーは、革の品質保証を目的に設立された組合に所属しており、その組合が証明書を発行しております。

      ORICE社はこの協会に所属しており、この証明書は「本物」である証です。

      「ベジタブルタンニングレザー証明書」タグは、全作品に同封いたします。
       
    • 「レガシーシリーズ」の特徴
    • 通しマチ長財布「レガシーキング」

    • 【100枚収納】
      通しマチ長財布「レガシーキング」のお札入れは、100枚程度まで収納できます。

      【小銭入れ】
      ビジネスシーンやテーブルで支払いする際、1つの長財布にカード、お札、小銭が収まるため、会計もスマートに。
      フリーポケットとしても利用可能だ。もちろんファスナーは最高級YKKエクセラを採用しております。

      【魅せたいカード優先順位】
      カード入れの設計は、PLATINUMUMAのこだわりの1つ。カードポケットは、受けサイドは横に。フタサイドは縦に設計。カード使用の優先順位や、見せたいカード優先順位としても分けたい。

      【小銭入れファスナートップ形状】
      小銭入れのファスナートップが、なかなか探せない経験のある方も多いのでは。ファスナーの不具合同様、ストレスですよね。
      ファスナートップを短くして、爪が長くてもすぐにつまめる形状です。もちろんファスナーはYKKエクセラを採用。

      会計シーンをパフォーマンスシーンに変えるため、ノンストレスな取り出し易さを追求しています。
       
    • ラウンドファスナー長財布「レガシーアーティスト」

    • 【画期的なカードポケット】
      カードポケットは、両端にあるフリーポケットの手前にそれぞれ配置。これには理由があります。
      カードを出す際、指や爪が引っかかり出し入れがストレスになった経験はありませんか。このストレスをノンストレスへ変えたい。カードポケット横にフリーポケットがあるとカードが取り出し易いのです。

      【収納力と職人の手間とこだわり「マチ」】
      5ポケットもありますが、スタイリッシュ設計。
      カードやレシートが多いと、せっかくの長財布が膨らんで恥ずかしい経験はないですか?それを解消したのが「マチ」。
      マチは職人の匠な折り返しの技。ポケットが多いのも特徴ですが、5ポケット中3ポケットにマチを入れ、ふくらみを抑えるディテールです。

      【小銭入れファスナートップ形状】
      小銭入れのファスナートップが、なかなか探せない経験のある女性も多いのでは。ファスナーの不具合同様ストレスですよね。
      ファスナートップを短くして、爪が長くてもすぐにつまめる形状です。もちろんファスナーはYKKエクセラを外回りも内装小銭入れにも採用しております。

      【魅せたいカード優先順位】
      カード入れの設計と出し入れのノンストレスの追及は、PLATINUMUMAのこだわりの1つ。収納力だけではなく、会計シーンをパフォーマンスシーンに変えるための取り出し易さを追求しています。

      ※製品の詳細につきましては、各チケットページをご確認ください。
       
    • 高品質を誇る「YKKエクセラファスナー」

    • 高品質を誇る「YKKエクセラファスナー」
      ファスナーはどれもそう変わらないでしょ、と思われがちですが、やはり違うのです。特に女性は、ファスナーにストレスを感じた経験が多いのではないでしょうか?

      YKKはファスナー界では大きな存在です。中でも、「エクセラ」は使い込んでもファスナーの滑りが非常に良く、丈夫で、ファスナーの歯ががっしりと噛んでしまうようなことも、極端に少ないものです。むしろ使い込むことでさらに滑らかになる、そんなブランドです。

      本プロジェクトの全シリーズに採用しております。
       
    • Made In Japan
    • なめす/「皮」から「革」へ @姫路

    • 姫路に、PLATINUMUMAのコードバンを生む老舗タンナー 「新喜皮革(しんきひかく)」はあります。
      業界では知らない人がいないほどの「新喜皮革」。
      日本においては「新喜皮革」、海外においてはカナダ「ホーウィン」がコードバンタンナーとしては有名で、コードバンなめしを行えるのは、世界でこの2社のみなんです。

      職人が手間暇をかけて植物タンニンなめしを施し、約10カ月かけて仕上げた馬革が、コードバンになります。
      新喜皮革の60年に渡る歳月の積み重ねと、原皮選びから一貫したこだわりが放つ結晶でもあります。
    • ※写真左はグレージング前の最終工程「乾燥/干す」。写真右は植物に含まれる「タンニン」を使った「タンニンなめし」。
      「クロムなめし/薬品」の場合は、数時間で仕上がるそうですが、タンニンなめしの場合、ゆっくりじっくり時間をかけてなめしていくため、新喜皮革では4週間の時間を費やします。

      一般的に、レザーの経年変化好きはこのタンニンなめしのレザーを愛好する傾向にあるそうです。しかしながら、世界に流通しているレザーのうち、タンニンなめしのレザーはたった2割と言われています。
      それは、クロムレザーの方が、安く大量になめすことができるからです。
    • 姫路・龍野は古くから地場産業としてなめしが行われており、新喜皮革のある姫路・高木地区は、日本のタンナー(製革工場)最大集積地、で現在も80社程のタンナーがあります。これは全国の約35%を占めます。
      その中でも馬革を扱うタンナーは極端に少なく、馬革をフルタンニン革及び、コードバンを生産できるのは、新喜皮革のみです。

      ※写真はグレージングと呼ばれる重要な加工工程です。最後に熟練の職人によって、ガラスで革の表面を磨くグレージング加工がされ、光沢が出されていきます。

      まさしく継承(レガシー)すべきストーリー性の高い素材がコードバンです。
    • 染色/名門「染色工房レーデルオガワ」@千葉

    • PLATINUMUMAこだわりのオリジナルカラーは3色。
      「プラチナブラック」「プラチナボルドー」「プラチナコーラルピンク」
      このカラーを生み出すのは、日本が世界に誇る「染色工房レーデルオガワ」です。

      色出しの美しさは業界随一、コードバン専門の加工・染色工房です。コードバンの染色に魅せられた先代の研究開発と技術によって、唯一無二の染色製法が生まれました。

      染色を探求した先代の意思を引き継ぎ、創業50年になる現在も、革本来の表面を生かした、自然な風合いが楽しめるコードバンが製造されているのです。手触りの良い質感や独特な透明感、艶、皮革の匂いなどが特徴です。

      この門外不出の染色方法を実践できる染色工房は、世界中を見渡してもレーデルオガワ以外には見つからないと、高く評価されています。
    • コードバンの艶と色気を堪能する

    • 革の染色方法は、大きく分けて2種類。「染料仕上げ」と「顔料仕上げ」です。日本で手に入る革製品の90%は顔料仕上げです。

      「染料仕上げ」
      革の質感や風合いが残り、透明感のある仕上がり。革の育ちを楽しむ。

      「顔料仕上げ」
      ビビットな色合い、均一感のある着色と表情。

      日本製コードバンで特に上等なのが、染料仕上げ/水染めコードバンです。アニリンと呼ばれる染料を使った水染め、通称アニリン染めが施された雰囲気のある革。

      染料で繊維を染めてゆきます。革本来の【シワ、傷、トラ、血筋】といったものを、ほとんど損なうことなく染めることができます。銀面(革の表面)の様々な表情はそのまま残りつつ、しっかりと染められています。

      染料仕上げは、革本来の表情や革の特徴的な変化を味わえる、「革らしさ」を何よりも楽しむことができる染め方です。
      PLATINUMUMAのコードバンにおいて、タンニンなめしの染料仕上げはその最たるものとなります。
       
    • 仕立て/創業70年@浅草

    • PLATINUMUMA製品の仕立ては、浅草において創業70年、袋物製造一筋。厳選された材料と品質にこだわり、「良質な製品の提供」を信条とした誠実な会社にお願いしております。できあがる財布は、昔気質の腕に自信を持った、頑固で気難しく優しい革職人が仕立てた、ため息の出る逸品です。
      現在では忘れられつつある、昔ながらの技術の保存と継承にも力を入れております。

      大量生産ではなく、周りとは違う、貴方だけのパートナーと言えるでしょう。
    • 革を漉(す)く/革の厚さを均等にする
      裁断/それぞれのパーツに切り分ける
      判押し/革にロゴを刻印する
      刻み/革の角を刻んで革のヘリを折り返し収める
      縫う/各パーツを縫い合わせる
      ネン引き/革に焼き線(ネン)を入れる

      1つの財布を仕立てるために様々な工程、つまり匠の職人技が重なり合います。
      想像するだけで、手元に芸術品を抱えた気持ちになりますね。
    • 「哲学」「座右の銘」を刻み、身につける。

    • あなたのお名前と好きな言葉(座右の銘)をコードバンチップに刻印します。

      「判押し刻印」
      その名の通り、素材に版を焼き付ける加工です。
      加工方法も見た目もかなりワイルドで、1回押したら焼き色はほとんど消えません。まさに究極の刻印とも言えるでしょう。
    • この刻印はレーザー刻印ではなく「判押し刻印(焼き印)」。職人が手間をかけて1つ1つのコードバンチップに刻印し、完成します。

      ※コードバンチップカラーは、長財布と同じカラーとなります。
      ※原版も同封いたします。
       
    • 弊社代表×タレント川﨑麻世氏 対談

    • 代表の松元が、革製品を愛用されている、タレントの川﨑麻世様にインタビューしていただきました。ぜひご覧ください。
        • >>経営者インタビュー
        • 「PLATINUMUMA」~あなたを成功に導く長財布になりたい~

        • 深遠な皮革コードバン(馬の臀部の革)専門店「PLATINUMUMA(プラチナウーマ)」フィロソフィーは、「継承すべき本物があなたや家族にもたらす豊かな人生」です。

          皆様は毎日、神棚やご仏前に「仕事、人生、家庭を成功させたい」という想い、願いを込めていらっしゃるでしょう。PLATINUMUMAはそのお客様の想いに寄り添い、毎日所持しているからこそ「験(げん)をかつぐ」アイテムに、PLATINUMUMAの長財布を選択していただくことを目指しております。

          中国で馬は宝とされ、財運・出世を象徴します。昔、馬は主要な交通手段であったと同時に、戦闘や農耕時にも大切な存在でした。
          そのため、馬をたくさん持っていること自体、「他より秀でる」ということを意味します。
          そんなことから馬は、世間に認められ名声を手に入れる、つまり、「事業運を高める象徴」とされています。

          また、「馬到成功」という言葉もあり、これは「着手したものがたちまち成功する、うまくいく」という意味です。その上、馬はとても家族愛の深い動物なので、家族円満のシンボルとしても働きます。

          あなたの願いと哲学を宿るにふさしい、キングオブレザー「コードバン」。各カラー限定5個の希少な作品です。その長財布を貴方はもちろん、大切なご家族、パートナーに継承いただけることを願っております。

          深遠な皮革コードバン(馬の臀部の革)専門店
          PLATINUMUMA
          代表 松元昌人

      出品者のプロフィール

      B26bd59fecb6f28ac66482bdfc85e150e61253fb

      PLATINUMUMA

      PLATINUMUMA(プラチナウーマ)は、2016年に創業したコードバン(馬の臀部の革)専門店です。「PLATINUMUMA」フィロソフィーは「継承すべき本物があなたや家族にもたらす豊かな人生」。 本物は、普段の生活に豊かさを与え、豊かさを感じる事ができれば、生活が豊かになる。 豊かな生活は、健康にもつながる。健康であれば豊かな人生となる。 「PLATINUMUMA」は、副産物である皮を生む自然界への畏敬の念と職人の技と共に、そんな思いを込めて全てにこだわった逸品です。 今回のプロジェクトにおいては、皆様の哲学をコードバンに刻み、神聖なパートナー長財布としてお贈り致します。 皆様の大切なシーンにおいて、お喜び頂ければ幸いです。深遠な皮革 コードバン専門店 PLATINUMUMA 合同会社eagle441 代表 松元 昌人
      お問い合わせ
      販売チケット

      販売チケット一覧

      特定商取引法に基づく表示

        販売業者
        合同会社eagle441

        所在地
        250-0865
        神奈川県小田原市蓮正寺773

        連絡先
        電話:0465-20-9695
        メール:info.eagle441@gmail.com

        販売責任者
        松元昌人

        販売価格
        各プロジェクトページの「チケット代金」をご覧ください。価格は税込です。

        商品代金以外に必要な料金
        なし

        お支払い方法
        クレジットカード(VISA/Master)によりお支払いいただけます。

        お支払い時期
        【実行確約型】
        商品購入時に決済します。

        商品(チケット記載内容)のお引渡し時期
        商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

        キャンセルの可否と条件
        【実行確約型】
        キャンセルはできません。
        目標達成型、実行確約型を問わず決済完了後の返金は一切できません。

      日本経済新聞社が運営するクラウドファンディング
      未来ショッピング Powered by ENjiNEで あなたの企画を実現してみませんか?

      プロジェクト掲載をご検討の方はこちら