ヴォーリズ制作の京都復活教会設計図の複製図面

ヴォーリズ制作の京都復活教会設計図の複製図面
京都復活教会が所蔵しているヴォーリズによる図面、青写真の原寸大複製図(400ミリ×540ミリ)3枚と白黒図面複製(A3サイズ)7枚をお送りさせていただきます。
ご提供予定時期:2024年7月上旬
残り販売数
12
数量選択
¥15,000 15000 JPY (税込/送料込)

この商品について

  • 京都復活教会が所蔵しているヴォーリズによる図面、青写真の原寸大複製図をお送りさせていただきます。復活教会礼拝堂の青写真2枚(400ミリ×540ミリ)白黒図面7枚(A3)と、京都復活教会北小松研修所キャンプロッジ建物図面の青写真1枚(400ミリ×540ミリ)をお送りさせていただきます。

    ご支援いただいた方のお名前は芳名録に記して教会内に納めさせていただきます。
  • ヴォーリズ制作の京都復活教会設計図の複製図面セット

  • 京都復活教会礼拝堂の青写真2枚(400mm×540mm)

  • 京都復活教会礼拝堂の青写真2枚(400mm×540mm)
     1枚目はドアに関する図面NO2になります。建具の詳細がかかれ大変興味深いものです。
     2枚目は礼拝堂入口上部に取り付けられている窓の図面です。3階上部に位置するため、表側を直接間近に見ることができませんが細かな細工が施されているようです。
  • 北小松キャンプ場ロッジの青写真1枚

  • 1939年4月11日に作成されたキャンプロッジの図面です。滋賀県大津市北小松に建てられました。京都復活教会の社会事業の一環として西陣の子ども達を招いてキャンプをするために作られました。
    メインハウスと呼ばれるこの建物の他に7つの小さなロッジがあります。メインハウスと呼ばれる建物と1号キャビンと呼ばれている建物には暖炉が設置されています。冬の利用も考えていたようです。ヴォーリズによるロッジの建物の設計はめずらしいようです。
  • 京都復活教会白黒図面7枚(A3)

  • 白黒の図面はA3サイズで7枚になります。
    1・礼拝堂西面からの図(塔の上には作られなかった屋根の絵が描かれています)
    2・教会の1階の全体図  
    3・礼拝堂梁図 
    4・礼拝堂インテリア図 
    5・教会入口および平和塔図 
    6・階段周辺詳細図 
    7・平和塔礎石図

このプロジェクトの他の商品

祈りの場のシンボル、ヴォーリズ建築の鐘楼「平和塔」を修復し、次世代に伝えたい

 私たち京都復活教会の礼拝堂は、1936年に完成したウィリアム・メレル・ヴォーリズ建築です。京都市北区の北大路堀川の角に建ち、通りから見える鐘楼はランドマークにもなってきました。しかし、築約90年を経て老朽化が激しく、大地震などが発生すれば倒壊の危機もあります。鐘楼の修繕が急がれます。皆さまのご支援をお願いいたします。