高台寺境内の桜と竹を使った短冊掛け

高台寺境内の桜と竹を使った短冊掛け
高台寺境内の枝垂桜と、上下の受けの部分は高台寺境内の竹を使い、上部には花筏の漆絵蒔絵、下部には菊桐漆絵蒔絵を描いています。素朴な味わいが魅力で掛けた短冊を引き立てます。 短冊はついていません。
ご提供予定時期:ご購入後4週間以内に発送
残り販売数
50
数量選択
¥30,000 (税込/送料込)

この商品について

  • 高台寺境内の桜と竹を使った短冊掛け

  • ※写真はイメージです。短冊は付いていません。
  • 花筏漆絵蒔絵(上部)
  • 菊桐漆絵蒔絵(下部)
  • 漆絵蒔絵はコピーではなく一つひとつ本漆の手描きです。
  • ※写真は蒔絵の様子です。本製品のものではありません。
  • 裏面に高䑓禅寺焼印(建仁寺管長 小堀泰巌老師の直筆の焼印)があります。
  • ◎しおり付き(銀杏材)
  • 商品について

  • ■寸法
    長1尺9寸8分×巾2寸5分×厚4~5分 (60cm×7.7cm×1.5mm前後)
    〔木工ウレタン仕上〕
    ■材質
    高台寺境内の枝垂桜
    (木地色)薄紅色一部白色有り
    掛け部分 高台寺境内の竹
    裏面 高䑓禅寺焼印
    化粧箱(貼箱) 
    木目はそれぞれ異なります

    ◎しおり付き(銀杏材)
    ■寸法
    長さ8.5cm×巾1.8cm×厚1.5mm
    注:銀杏の香りが出る時があります 
    高䑓寺焼印 
    裏面和紙(自身で名前や絵が書けます)
  • お届けについて

  • 川本光春(KOUSHUN)よりお届けいたします。

このプロジェクトの他の商品

歴史と由緒ある京都「高台寺」の枝垂桜と銀杏の材木、真竹の素材で【京指物】伝統工芸技術を担って後世へ

高台寺の古材や境内地の素材という一般にはお目にかかれない希少価値のある原材料が、複雑な技術のいる京指物技術により貴重な作品となって甦りました。コロナウイルス感染拡大の影響と時代の変化から伝統的なものづくりのニーズは年々危機に瀕しています。この技術が途絶えることなく将来に継承されますようご支援を宜しくお願い致します。