請関天目紫黒中平杯〈其の三〉

請関天目紫黒中平杯〈其の三〉
赤紫と黒とが混じり合う複雑な表情が目を引く中ぶりの平杯。胴の一部分には油滴模様が見られ、見込みには禾目模様と斑模様が浮かんで見えます。曜変天目のさまざまな模様が楽しめる奥深い作品と言えます。手のひらで抱えやすく、杯中を鑑賞しながら日本酒を味わうのに最適なサイズです。自分へのご褒美や贈り物にどうぞ。
ご提供予定時期:ご購入から1週間以内に発送
¥12,000 12000 JPY (税込/送料込)
販売終了

この商品について

  • 請関天目紫黒中平杯〈其の三〉

  • 赤紫と黒とが混じり合う複雑な表情が目を引く中ぶりの平杯。胴の一部分には油滴模様が見られ、見込みには禾目模様と斑模様が浮かんで見えます。曜変天目のさまざまな模様が楽しめる奥深い作品と言えます。手のひらで抱えやすく、杯中を鑑賞しながら日本酒を味わうのに最適なサイズです。自分へのご褒美や贈り物にどうぞ。
  • 商品詳細とご注意点

  • ・ご提供予定時期:ご購入から1週間以内
    ・価格:12,000円(税・送料込)
    ・素材:陶器
    ・サイズ:H40×φ73mm
    ・光源や光量、光の当たり具合によって発色や色感が変わります。曜変天目特有の個性としてお楽しみください。
    ・輸送中の盗難や破損などを補償する運送保険に加入してお届けします。万が一、作品が破損していた場合は運送会社に速やかにご連絡ください。

このプロジェクトの他の商品

[請関天目]大好評第3弾は酒器と一輪挿し!表舞台とは無縁だった76歳の名陶工が挑み続ける曜変天目

異彩!超絶!!のジャパンクラフト第19弾は、春にふさわしい酒器と一輪挿しをお届けします。見込みをのぞき込むと不思議な光彩を放つ曜変天目茶碗。室町時代に中国から渡来した唐物の中でも最高峰の茶碗とされ、現存する3点が国宝に指定されています。その魅力に取り憑かれた請関敏之(うけせきとしゆき)さんは、長年、曜変天目茶碗を作り続けている隠れた名陶工です。銘品の再現に留まらず、独自の美を持つ「請関天目(うけせきてんもく)」を2019年末からご紹介してきたところ、多くの方々からご支援をいただき続けております。