【好評により追加】テーブルヤポニカ お猪口 蘇芳染め〈赤〉

【好評により追加】テーブルヤポニカ お猪口 蘇芳染め〈赤〉
小型の斧で割って12角形に成形したお猪口です。特殊な浮造り加工により浮き上がった木目の表情を、目や手に触れて楽しめます。熱燗にした日本酒を飲む際に、敏感な人であれば、杉材のさわやかな香りが鼻をかすめるでしょう。蘇芳(すおう)はマメ科の樹木で、幹の心材や種子のサヤから抽出した染料で杉材を染めると、鮮やかな赤色に発色します。お燗やひや酒をちびりと味わうお猪口のほか、おつまみを盛る小鉢としてもご活用いただけます。
ご提供予定時期:ご購入から2週間以内に発送
¥9,800 (税込/送料込)
販売終了

この商品について

  • テーブルヤポニカ お猪口 蘇芳染め〈赤〉

  • 小型の斧で割って12角形に成形したお猪口です。特殊な浮造り加工により浮き上がった木目の表情を、目や手に触れて楽しめます。熱燗にした日本酒を飲む際に、敏感な人であれば、杉材のさわやかな香りが鼻をかすめるでしょう。蘇芳(すおう)はマメ科の樹木で、幹の心材や種子のサヤから抽出した染料で杉材を染めると、鮮やかな赤色に発色します。さらに石灰で杉材を変色させるひと手間をかけ、赤身と白太との色のメリハリを利かせました。お燗やひや酒をちびりと味わうお猪口のほか、おつまみを盛る小鉢としてもご活用いただけます。
  • ・ご提供予定時期:ご購入から2週間以内に発送
    ・価格:9,800円(税・送料込)
    ・素材:杉材
    ・サイズ:H50×φ70mm、容量:100ml
  • お届けについて

  • ご購入いただいた製品については、ヤポニカの清水将勇さんよりご購入者の元に直接発送いたします。

このプロジェクトの他の商品

[ヤポニカ]杉材の優しい手触りと、草木染め独特の色合いに癒される酒器とマグ

草木染めと聞くと、布を染めることを連想するでしょう。しかし実は防虫のために木材や紙を染めることが古くから行われてきました。時代を経るうちに忘れられてしまったこの技術に着目したのが、木工作家の清水将勇さんが営む工房「ヤポニカ」です。ヤポニカとは、杉の学名「クリプトメリアヤポニカ」に由来した名前。杉材を天然素材で染色した、独特の色合いのテーブルウエアやアクセサリーを手作りしています。特集「異彩!超絶!!のジャパンクラフト」第4弾では1人で気軽に使えて、特別感を味わえる酒器とマグをご用意しました。