水辺の出合い盃 桜に金魚

水辺の出合い盃 桜に金魚
日本人に馴染み深い桜と、11匹の金魚を胴と底に漆絵で描いた日本画のようなガラス盃です。この盃自体がまるで池や堀、水槽などの水辺のよう。スイスイと泳ぐ赤いワキンとリュウキンの中に紛れた、黒いデメキンがアクセントとなって目を引きます。いろいろな角度から眺め覗き込んでみると、透き通るガラス越しに手前と奥の絵同士が重なり合い、さまざまな景色を見て取れます。冷酒や冷茶を注いだ際に変化する景色もぜひお楽しみください。酒盃や茶盃、小鉢などお好みの用途にお使いいただけます。
ご提供予定時期:ご購入から1ヶ月以内に発送
残り販売数
6
数量選択
¥10,000 (税込/送料込)

この商品について

  • 水辺の出合い盃 桜に金魚

  • 日本人に馴染み深い桜と、11匹の金魚を胴と底に漆絵で描いた日本画のようなガラス盃です。この盃自体がまるで池や堀、水槽などの水辺のよう。スイスイと泳ぐ赤いワキンとリュウキンの中に紛れた、黒いデメキンがアクセントとなって目を引きます。いろいろな角度から眺め覗き込んでみると、透き通るガラス越しに手前と奥の絵同士が重なり合い、さまざまな景色を見て取れます。
  • 冷酒や冷茶を注いだ際に変化する景色もぜひお楽しみください。酒盃や茶盃、小鉢などお好みの用途にお使いいただけます。
  • 商品詳細とご注意点

  • ・ご提供予定時期:ご購入から2週間以内に発送
    ・価格:10,000円(税・送料込)
    ・素材:ガラス
    ・サイズ:H50×φ70mm
    ・容量:95ml
    ・ガラスが割れる恐れがありますので、熱湯を注がないでください。
    ・漆が剥がれる場合がありますので、1日以上水に浸けたまま放置しないでください。
    ・電子レンジのご使用はお控えください。
    ・食洗機のご使用はお控えください。
  • お届けについて

  • ご購入いただいた作品については、江藤雄造さんよりご購入者の元に直接発送いたします。

このプロジェクトの他の商品

[江藤雄造]漆絵と蒔絵で愛らしい動植物を描いたガラス器。初秋には月下の鶴、猫、鶏、兎の風流な杯を

ガラス盃の胴や底に生き生きと描かれた金魚。そこに冷酒を注ぐと、1匹1匹の金魚が拡大されて見え、まるで水中を泳いでいるかのように映ります。この本物と見紛う金魚を描いたのは、美術館やギャラリー、百貨店の個展会場などで引っ張りだこの人気漆芸家、江藤雄造さんです。異彩!超絶!!のジャパンクラフト第16弾では、江藤さんの新作、水辺の景色を描いた「水辺の出合い盃シリーズ」6品と、月夜の景色を描いた「月下の遊び杯シリーズ」4品をご紹介します。暑い夏を涼やかに彩る作品群にぜひご注目ください。