【宮家献上】萬古金彩鶴文壺1器(桐箱入り)

【宮家献上】萬古金彩鶴文壺1器(桐箱入り)
萬古焼の伝統土である紫泥土により焼〆後、金を焼付けサンドブラストにて柄を削り出します。醉月の代名詞である千羽鶴をイメージした壷です。鶴文壷は宮家に献上されています。
ご提供予定時期:2017年4月中旬頃から開始
¥80,000 (税込/送料込)
販売終了

この商品について

  • 【宮家献上】萬古金彩鶴文壺1器(桐箱入り)

  • 萬古焼の伝統土である紫泥土により焼〆後、金を焼付けサンドブラストにて柄を削り出します。醉月の代名詞である千羽鶴をイメージした壷です。鶴文壷は宮家に献上されています。
  • 仕様

  • サイズ:径200㎜ 高さ220㎜ 重量:1,000g
  • 納期

  • ご注文いただいてから2ヶ月後の発送となります。

このプロジェクトの他の商品

伊勢志摩サミット晩餐会にて乾杯に使用された三重の伝統工芸、萬古焼の「酒杯」を限定復刻。

2016年5月26日から5月27日に三重県志摩市阿児町神明賢島にて開催された第42回先進国首脳会議(G7 伊勢志摩サミット)。ワーキングディナーと言われる初日の晩餐会および安倍総理大臣夫人主催夕食会にて、乾杯に使用された「萬古焼の酒杯」を復刻します。酒杯の高台には青海波文様を施した金を焼き付け、もう一方にはプラチナを焼き付けた二点揃いの酒杯です。1990年(平成二年)天皇陛下「即位の礼」において献上され、四日市市文化功労者として表彰された清水醉月によりつくられる、他では手に入れられない逸品です。