ふるさと納税の仕組みと
ご利用ガイド

「ふるさと納税」とは、あなたが応援したいと思う自治体に寄附ができる制度で、一定額以上の寄附を行えば、住民税と所得税から還付・控除が受けられます。また、地域の特産品・名産品をお礼の品として受け取れることもあり人気の制度になっています。
ふるさと納税の仕組やメリット、お申込みの流れについてご紹介していきます。

※本ページは、ふるさと納税サイト「ふるまる」の協力、税理士法人マイツ監修のもと作成しています。

01 ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、全国の地方自治体の中から応援したい自治体を選んで寄附を行える制度です。一定額以上の寄附を行えば、住民税と所得税から還付・控除が受けられ、寄附先の地域からはお礼の品を受け取ることができる大変お得な制度です。

ふるさと納税とは
  • ふるさと納税とは
  • ふるさと納税とは
  • ふるさと納税とは
  • ふるさと納税とは

02 ふるさと納税 5つのメリット

  • メリット1
    地域の特産品がもらえる

    ふるさと納税では、寄附をした地方自治体からのお礼として、その土地を代表するお肉やお魚など特産品・名産品を受け取ることができます。お礼の品や寄附の使い道をとおし、その地域の魅力や取り組みを知るきっかけにもなっています。

  • メリット2
    税金が控除され節税になる

    寄附金の一部は、その年の所得税と、翌年度の個人住民税より控除されるため、節税効果が期待できます。控除上限額の範囲内の寄附であれば、2,000円を超える部分の金額が控除または還付されるため、自己負担は実質2,000円で済みます。

    ※課税所得に応じて実質負担額が2,000円以上になる場合があります。

  • メリット3
    応援したい地域を選べる

    ふるさと納税の寄附先は、ご自身で自由に選ぶことができます。ご自身のふるさとはもちろん、それ以外でも、思い入れのある地域や応援したい地域などに寄附を行い、自治体運営に活用してもらうことができます。

  • メリット4
    寄附金の用途を選べる

    子育て支援、医療や福祉、文化財の保護、環境保全など、応援したい活動を選び、寄附金を役立ててもらうことができることも特徴の一つです。

  • メリット5
    複数の地域に寄附できる

    ふるさと納税は、どこか一つの地域だけでなく、複数の地域に寄附することもできます。複数の地域に寄附しても、控除上限額の範囲内の寄附であれば自己負担は実質2,000円です。さまざまな地域を応援しつつ、お礼の品ももらうことができます。

03 モデル例

CASE A
年収
400万円
家族構成
独身
ふるさと納税の控除上限額
42,000円
寄附金総額
40,000円
実質自己負担金額
2,000円
CASEAでもらえた返礼品
  • 特別栽培米 5kg

    特別栽培米 5kg

  • ふっくら柔らか うなぎ蒲焼きセット

    ふっくら柔らか うなぎ蒲焼きセット

  • 赤白ワイン 飲み比べセット

    赤白ワイン 飲み比べセット

  • 地鶏卵のロールケーキ

    地鶏卵のロールケーキ

CASE B
年収
700万円
家族構成
(会社員)
(会社員)
長女(16才)
ふるさと納税の控除上限額
86,000円
寄附金総額
85,000円
実質自己負担金額
2,000円
CASEBでもらえた返礼品
  • A5ランク 国産和牛セット

    A5ランク 国産和牛セット

  • 新鮮な旬の野菜盛り合わせ

    新鮮な旬の野菜盛り合わせ

  • 天然酵母の食パン詰め合わせ

    天然酵母の食パン詰め合わせ

  • キノコセット

    キノコセット

  • 桃 2kg

    桃 2kg

  • 完熟みかん 10kg

    完熟みかん 10kg

  • 活き伊勢海老 1kg

    活き伊勢海老 1kg

  • アロマバスグッズ

    アロマバスグッズ

※季節によって取り扱いのない返礼品もございます。詳しくは返礼品一覧をご確認ください。

あなたの控除限度額はいくら?

シミュレーションで
計算してみよう

ふるさと納税において、寄附金が住民税等の税金から控除される上限額は、年収やお住まいの地域などによって変わってきます。上限金額を超えて寄附した場合、自己負担額が2,000円を超える場合があります。ふるさと納税を最大限お得にご利用いただくためにも、ご自身の寄附金控除額を計算しておくことをおすすめします。

04 ふるさと納税 仕組みと流れ

ふるさと納税は、任意の地方自治体に寄附をすることによって、個人住民税と所得税から、控除や還付が受けられる制度です。
個人住民税は通常、お住まいの地域の地方自治体に納め、それによって地域の公共サービスなどを享受することができます。
一方、ふるさと納税では、その地域に住んでいない人でも、「住民税として扱われる寄附金」を任意の地方自治体に納めることができます。

  • STEP #1
    寄附をする地方自治体を
    選び申し込む

    本サイト(未来ショッピングふるさと納税)を活用し、思い入れのある自治体や気になるお礼の品から寄附先の自治体を選びます。

  • STEP #2
    寄附金の受領証明書と
    お礼を受け取る

    ふるさと納税のお礼として、地方自治体からお礼が贈られてきます。また、確定申告の際に必要となる受領証明書が発行されます。

  • STEP #3
    寄附金の控除手続きを
    行う

    寄附を行った翌年の3月までに、税務署に必要書類を提出して確定申告を行います。
    →確定申告不要のワンストップ特例制度もございます。
    詳しくはこちら

  • STEP #4
    控除・還付を受け取る

    寄附した金額は自己負担分の2,000円を除き、所得税より還付、翌年度の住民税より控除されます。
    ※課税所得に応じて実質負担額が2,000円以上になる場合があります。

05 お申込方法

パソコン・スマートフォンから簡単に24時間いつでも寄附を申し込むことができます。

お礼の品から探す

お好みのお礼の品カテゴリーから簡単にお礼の品を探すことができます。

  • お申込方法
  • お申込方法
  • お申込方法
  • お申込方法
お礼の品から探す
寄附する自治体から探す

ご出身地以外でも応援する自治体からお礼の品を選択できます。

  • お申込方法
  • お申込方法
  • お申込方法
  • お申込方法
寄附する自治体から探す
お支払い方法
クレジットカード
VISA, MasterCard
キャンセル・お礼の品の変更について

原則、お申込完了後の寄附のキャンセルおよびお礼の品の変更は受付することはできません。
重複でのお申込みやご名義に誤りなどがないようご注意ください。

お礼の品のお届けについて

お礼の品により配送日程が異なりますので、<配送日>をご確認ください。
配送日の記載がない商品は約2週間~1ヶ月後のお届けとなります。

  • ※お届け日の指定はできませんので、あらかじめご了承ください。